IT導入補助金

生産性向上を目的としたITツールの導入において最大450万円の補助金交付が受けられます

今年度(2022年度)のIT導入補助金の申請がスタートしました。これまでの通常枠(A・B類型)に加えて、デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型・複数社連携IT導入類型)が新設されて補助対象が広がりました。この機会にぜひ、ITツールの導入をご検討ください。

IT導入補助金とは?

IT導入補助金(サービス等生産性向上IT導入支援事業)は、中小企業・小規模事業者等の生産性向上を支援する目的で、ITツール(ソフトウエア、サービス等)の導入にかかる経費が一部補助される大変お得な制度です。

2022年度(令和4年度)は、インボイス制度への対応も見据えて、クラウド利用料を2年分まとめて補助するなど、企業間取引のデジタル化を強力に推進します。

デジタル化基盤導入枠とは?

令和元年度補正予算で実施する従来の「通常枠(A・B類型)」に加えて、令和3年度補正予算で実施する「デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型・複数社連携IT導入類型)」が新設されました。

デジタル化基盤導入類型

中小企業・小規模事業者に、インボイス制度への対応も見据えて、企業間取引のデジタル化を一挙に推進するため、会計ソフト・受発注ソフト・決済ソフト・ECソフトに加えて、PC・タブレット、レジ・券売機等の導入費用を優先的に支援します。

複数社連携IT導入類型

複数の中小・小規模事業者が連携してITツール及びハードウェアを導入することにより、地域DXの実現や生産性向上を図る取り組みを支援する制度です。複数社へのITツール導入、および効果的に連携するためのコーディネート費や取り組みへの助言を行う外部専門家に係る謝金等を含めて支援します。

今年度(IT導入補助金2022)の特長

  • 会計ソフト、受発注ソフト、決済ソフト、ECソフトに補助対象を特化し、補助率を引き上げ
  • クラウド利用料を2年分まとめて補助
  • PC・タブレット、レジ・券売機等の購入も補助対象に追加
  • 補助金の交付額5~350万円
  • 補助率1/2以内~3/4以内
  • 複数社連携IT導入類型の創設

※予定が変更となる場合もございます。交付申請期間をはじめ、最新の情報は、IT導入補助金2022公式サイトをご覧ください。


公募の概要

IT導入補助金は予算がなくなり次第、終了となります。お早めにご検討ください。

令和元年度補正予算

A類型 B類型
補助額 30万円~150万円未満 150万円~450万円以下
補助率 1/2以内
補助対象
経費区分
ソフトウェア購入費・クラウド利用料(最大1年分補助)・導入関連費

令和3年度補正予算(デジタル化基盤導入枠)

 
デジタル化基盤導入類型 複数社連携IT導入類型
補助額 ITツール PC等 レジ等 a.デジタル化基盤導入類型の対象経費
⇒左記と同様

b.それ以外の経費
⇒補助上限額は50万円×参加事業者数、補助率は2/3

※1事業あたりの補助上限額は3,000万円((a)+(b))及び事務費・専門家費)
~50万円以下 50万円超~350万円 ~10万円 ~20万円
補助率 3/4 2/3 1/2
補助対象
経費区分
ソフトウェア購入費・クラウド利用料(最大2年分補助)・導入関連費
【複数社連携IT導入類型のみ】事務費・専門家費

※予定が変更となる場合もございます。交付申請期間をはじめ、最新の情報は、IT導入補助金2022公式サイトをご覧ください。