よくある質問

補助金をもらえるまでの流れを教えてください

申請・手続きの流れは、以下の図をご確認ください。

引用:IT導入補助金2022公式サイト「申請・手続きフロー」
誰でも申請できますか?

IT導入補助金の対象は、主に中小企業・小規模事業者などです。以下の表をご確認ください。

業種 中小企業者(下記or条件)
資本金の額又は出資の総額 常時使用する従業員の数
製造業、建設業、運輸業 3億円以下 300人以下
卸売業 1億円以下 100人以下
サービス業
(ソフトウェア業又は情報処理サービス業、旅館業を除く)
5,000万円以下 100人以下
小売業 5,000万円以下 50人以下
ゴム製品製造業
(自動車又は航空機用タイヤ及びチューブ製造業並びに工場用ベルト製造業を除く)
3億円以下 900人以下
ソフトウェア業、情報処理サービス業 3億円以下 300人以下
旅館業 5,000万円以下 200人以下
その他の業種(上記以外) 3億円以下 300人以下
医療法人、社会福祉法人 - 300人以下
学校法人 - 300人以下
商工会・都道府県商工会連合会及び商工会議所 - 100人以下
中小企業支援法第2条第1項第4号に規定される中小企業団体 上記の業種分類に基づき、資本金・従業員の一方が法人の主たる業種の値以下となる事
特別の法律によって設立された組合又はその連合会 上記の業種分類に基づき、資本金・従業員の一方が法人の主たる業種の値以下となる事
財団法人(一般・公益)、社団法人(一般・公益) 上記の業種分類に基づき、資本金・従業員の一方が法人の主たる業種の値以下となる事
特定非営利活動法人 上記の業種分類に基づき、資本金・従業員の一方が法人の主たる業種の値以下となる事

※「みなし大企業(大企業の子会社)」はIT導入補助金の対象外です。

業種 小規模事業者
商業・サービス業(宿泊業・娯楽業除く) 従業員の数が5人以下の会社及び個人事業主
サービス業のうち宿泊業・娯楽業 従業員の数が5人以下の会社及び個人事業主
製造業その他 従業員の数が5人以下の会社及び個人事業主
ハードウェアのリース契約も補助対象になりますか?

なりません。
ただし通常枠(A.B類型)では対象とならないハードの購入費(PC、タブレット、プリンター、スキャナー等)も、デジタル化基盤導入類型では補助対象経費として認められます。

申請に必要なものは何ですか?

・「gBizIDプライム」アカウント

gBizIDプライムの取得が申請要件に含まれています。
gBizIDは経済産業省が運営しており、1つのID・パスワードで様々な行政サービスにログインできるサービスです。 「gBizIDプライム」アカウントは、gBizID の公式サイトにて無料で登録申請できます。

・「SECURITY ACTION」を宣言すること

SECURITY ACTION とは、独立行政法人情報処理推進機構 (IPA) が実施する、情報セキュリティ対策に取組むことを自己宣言する制度です。 IT導入補助金2021を申請するにあたって、SECURITY ACTION の「★ーつ星」または「★★二つ星」を宣言することが必須要件となりました。
詳しくは、SECURITY ACTION の公式サイトにて無料で申込み手続きできます。

・申請者のEメールアドレス

申請法人の担当者本人が所持し、送受信の管理を行っていること。
IT導入支援事業者を含む、第三者が閲覧、送受信できるものは不採択になる場合があるためご注意ください。

・SMS(ショートメッセージ)を受信することのできる携帯電話、スマートフォン

交付申請、実績報告提出時に、SMS機能を利用した本人確認があります。

その他、申請に必要な添付書類等の情報は、ぜひ「まるわかりハンドブック(2022年度版)」をダウンロードください。

お気軽にお問い合わせください。075-693-0750受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ