RPAとは


なぜ今、RPAが必要とされているのか?

社会的な問題として、少子高齢化による「労働人口の減少」があり「人手不足」も深刻化しています。どれだけ人手不足であっても企業には必ず単純作業が存在し、人手を補う手段が求められてきました。RPAを活用すると、一定のルールを定めて行う仕事であれば自動化でき、人手を補うことができます。


WinActor で解決できること

1.テキスト化から受注管理システムへの登録までを⼀括⾃動処理

帳票OCRソフト「Prexifort-OCR」と連携し、得意先からの注⽂書をWinActorがOCR認識を⾏い、テキスト化したデータを⾃動的に受注管理システムへ登

2.作業工数を98%減、転記ミスゼロを実現

【WinActor導入前】
お客様独自の注文書様式で受注をした場合、オペレーターは自社内のフォーマットにあわせるために各項目を目視で確認し、それを転記すると行った非常に面倒な作業が発生します。月間600件もの処理を行いますと、受注管理システムへの転記ミス(登録ミス)が発生し、お客様へ多大な迷惑をかけることとなります。こういった受注処理のミスが続きますと会社の信用度も低下し、売上減少につながる可能性もでてきます。サービスの詳細を書きます。

【WinActor導入後】

WinActorがオペレーターに代わって注文書の様式を自動識別し、識別した帳票毎に内容を正しく受注管理システムへ自動入力を実現したことにより、転記ミスゼロを実現しています。また、オペレーターは最終チェックを行うだけになったおかげで、従来の作業工数から98%も工数を削減させることに成功しています。


WinActor のココがすごい!

フローチャートで業務フローを簡単自動化!

WinActorのシナリオはフローチャート図として表示されます。フローチャート図は直感的な操作で編集できますので、シナリオの微修正、チューニングであれば、プログラミングの知識がなくても対応ができます。

パソコン操作の「記録」で自動化が可能!

パソコン操作手順を記憶することができます。特定の担当者のみ対応可能となっていた属人化した業務の平準化と作業ミスをなくすことが可能です。

Windowsとの親和性が高い!

IEやOffice製品はもちろん、ERP、OCR、ワークフローなどの決済システム、個人システム、共同利用型システムなど、Windowsで使われているアプリケーションのほとんどを自動化します。

「スタンドアロン型」で導入が簡単!

WinActorはPCにインストールするだけで利用できるスタンドアロン型のRPAツールです。PC1台から利用が可能で導入コストもお手頃なので、部署ごとにアルバイトを雇う感覚で導入することが可能です。

完全日本語対応!

WinActorは純国産RPAです。操作画面、マニュアル、サポートは日本語に対応しています。

サポート体制も万全

WinActor導入からトライアル、運用開始後もReiWorQ(レイワーク)の専任担当者がサポートいたします。また、各種導入・運用支援サービスをご用意しています。。


WinActor運用開始までの流れ

まずはお問い合わせ下さい

まずはお問い合わせフォームまたは電話にてご連絡ください。

後日弊社営業担当から詳細なヒアリングを実施させていただき、その上で貴社に最適な導入方法をご提案させていただきます。

STEP
1

概要の説明/デモの紹介

当社担当者がWinActor(ウィンアクター)を導入する流れやツールのご説明、自動化する業務の抽出・選定についてご説明いたします。

STEP
2

導入トライアルお試し2か月パックのお申込み

トライアルにお申し込み頂きライセンスを発行いたします。期間中に実際にロボの設定、テスト運用を行っていただきます。2ヶ月間お試しいただくことが可能です。様にベストなプランとお見積りをご提案させていただきます。

STEP
3

本契約お申込み/運用開始

契約締結後、本ライセンスを発行いたします。本稼働するロボの作成が完了しましたら、運用の開始です。

STEP
4

RPAの強み

人件費がかからない」

人ではなくロボットが作業をしますので、退職・異動による人員の再配置・再教育も最低限のリソースで対応が可能になります。 繁忙期の一時的な定型業務のための採用の必要もありません。 そのため、採用コスト/人件費の削減が可能です。

「辞めない、働き続ける」

人間は平均8時間×245日働くのに対し、ロボットは24時間×365日働き続けます。 なおかつ大量のデータも素早く処理することができるため、大幅な効率化が見込めます。

「間違えない」

ロボットの作業精度は非常に高く、エラーがほとんど発生しません。 人間なら起こりうる集中力の低下によるエラー率の増加や生産性の低下も起きません。