WinActor 製品特長について

WinActor 製品特長

WinActorは、Windows端末から操作可能なあらゆるアプリケーション操作をシナリオとして学習し、PC操作を自動化するソフトウェア型ロボットです。

Windows 端末のあらゆるソフトに対応

IEやOffice製品やExcel,Access,word,Outlook等)はもちろん、ERPや、OCR、ワークフロー(電子決裁)、個別の作り込みシステム、共同利用型システムまであらゆるソフトの操作を自動化します。

自動化するためのシナリオを簡単作成

人が行うパソコン操作を自動的に記録し、GUI操作でシナリオ作成が簡単にできます。(プログラミング知識や特殊な言語は不要です)あとは、そのシナリオを実行させるだけで複雑な操作を自動化します。


WinActor 導入前

ケーションを利用して行う複雑な作業は、オペレータによるパソコン操作によって処理を行うしかありませんでした。その結果、工数がかかり人件費がかかり、さらには転記ミスなどのヒューマンエラーによるトラブルも発生する可能性もありました。

before-1

WinActor 導入後

WinActorを導入することによって、従来オペレータが操作していた作業をすべてシナリオ化し、そのシナリオを実行させることでWinActorが自動的に処理を行います。WinActorは24時間フル稼働し、ヒューマンエラーを限りなくゼロに軽減させます。その結果、従来かかっていた人件費を大幅に削減させることが可能になります。


例えばこんなルーティンワークも自動的に処理をします。

注文書データから住所を抜き出し、地図情報を検索、地図データを画像化、最後に顧客情報のファイルへ地図データを埋め込んで保存するといった複数のアプリケーションを利用した操作をWinActorならいとも簡単に自動処理を行うことが可能になります。従来は人の手を必要としていた作業もルーティンワークのシナリオを作成することでWinActorがミス無く、短時間で大量処理を行えます。

WinActorの導入効果

WinActorは業種を問わず多くの企業様にてご利用頂いております。パソコン操作の工数を削減し、人件費を抑えたい企業様には最適なRPAツールとなっております。


WinActorの導入実績