WinActor ライセンスについて

製品の種類

フル機能版ソフトウェア・ロボットの作成/編集/実行が可能
実行版作成されたロボットの実行のみ可能(シナリオ再生専用)
注意※ フル機能版1ライセンスは必須です。 1台のPCで同時に実行可能なロボットは1つです

ライセンスの種類

ノードロック方式・WinActor®インストール端末上でライセンスを管理
・インストールした端末のみWinActor®が利用可能
・インストール端末数分のライセンスが必要
フローティング方式・インストールした台数ではなく、同時実行する端末の台数を「WinActore Manager On Cloud」で管理
・購入したライセンス数の範囲内で、端末を限定せずWinActor®が利用可能
・同時利用する端末数分のライセンスが必要 (例)25ライセンス購入の場合
・25台まで同時利用可能
・利用する端末は限定されない (WinActoreをインストールした全ての端末で動作可能)

契約形態

年間サブスクリプション1年間のご利用権を購入いただきます。 毎年、更新手続きが必要

製品の価格

メーカー希望劉売価格
(税抜)
フル機能版:1,200,000円 実行版:360,000円
※弊社販売価格はお問い合わせください。

動作環境(ノードロック方式)

OS・Microsoft Windows 10 Pro
・Microsoft Windows 11 Pro
・Microsoft Windows Server 2016
・Microsoft Windows Server 2019
・Microsoft Windows Server 2022
実行環境Microsoft.NET Framework 4.8以上
Webブラウザ自動記録/操作対応
・Google Chrome ・Mozilla Firefox ・Microsoft Edge(Chromium)
自動操作対応
Microsoft Edge(EdgeHTML版)
アプリケーションWinActorでは、処理の自動実行時に外部ファイルから読み込んだ値をシナリオ中で利用する変数に格納したり、実行結果を外部ファイルに書き出したりすることができます。
外部ファイルの形式には、CSV 形式とExcel 形式(拡張子がxls, xlsx, xlsm)を利用できます。
Excel 形式を利用する場合は、Microsoft Office Excel 2013, 2016,
2019 のいずれかをインストールする必要があります。
ディスプレイFHD(1920*1080)が表示可能であるもの
サウンドシナリオ中で音を出すためのサウンド機能 
※音機能を使わない場合不要
推奨CPUCore i3-6100(2コア 3.7GHz)以上の
X86またはx64プロセッサ
ハードディスク空き容量3.0GB以上
メモリ2.0GB以上
V7